« 寝る前に猫と遊ぶ時間を持つ | トップページ | 久しぶりの日本ハムの勝ちを見ました »

2017年7月12日 (水)

統合失調症で12年前に入院した時のこと

 私は、統合失調症です。以前入院歴があり、そのときは相当妄想や幻覚がひどくて涙を流しての入院でした。「わあーと」感情的になり、そうとうパニックになっていました。最初私は、4人部屋に移りました。4人部屋には、当時私より10歳年上の人と15歳年上の人、あとは少しおじいさんがいました。理由はさみしくなったからです。なぜかそういうときがありました。
 4人部屋時代、私は食が細いのに気づきました。3人は常にお菓子を食べていて私のお菓子は少しあまり気味でした。3人は食欲があり、糖尿病の患者さんもいました。ジュースを制限されていたみたいでいつもその患者さんは自動販売機でジュースを買うと怒られていました。そういう時期が少し続いたら、そのあとくらいに私の病状が悪くなり、体が思うように動きません。少しあやつられ体験みたいな状態だったと思います。拒否をすることができず、病状のまま警察に電話したり、職員をさける時期がありました。病棟も降格して保護室にも入りました。
 そこで薬を飲まないと暴力事件になってしまうということを知り、決められた薬を必ず飲み、患者さんに必要な医学を簡単に勉強する会でしっかり自分のケアについてしっかり学んだら退院できますよという内容で退院しました。退院前もデイケアと自宅の外出が許され、退院してからは自分で病院に通い、デイケアを受けるまでになりました。そうこうするうちに家の自営業のアルバイト、B型事業所、A型事業所、そしてまた今度はパソコン関係のA型事業所で頑張っています。

« 寝る前に猫と遊ぶ時間を持つ | トップページ | 久しぶりの日本ハムの勝ちを見ました »

心と体」カテゴリの記事